理想のPDA iPod touch [ケース選び]

2010年11月29日
デジタルツール 0
iPod touchを買って最初にハマったのがケース探しでした。
iPodtouchの裏側や側面はアルミ製の鏡面仕上でツルツル
で綺麗なのですが、非常にキズが付きやすいです。
さらにホールド感がなく操作していると落としてしまいそうなので
常にケースを付けています。

iPod touchのケース画像_12
iPodの裏の鏡面仕上はこのようにキズが付きやすくそのまま
使っていると無残な姿になってしまいます。
(ちなみにこの写真はtouchではなく保有している初代iPodです。)

iPod touchのケース画像_11
ケースを買うこと計5種類。外見が気に入っても装着してみると
色々不満が出てしまい、何種類も買ってしまいました。

iPod touchのケース画像_08
最初に購入したのが、パワーサポート製のシリコンジャケットです。

iPod touchのケース画像_03
購入したケースの中で形的には一番気に入っています。
iPod touchとの一体感もばっちりで非常に満足度が高かったのですが、
数日使っているうちにブカブカになってしまい泣く泣く装着をやめました。

iPod touchのケース画像_10
次に購入したのが同じくパワーサポート製のAir ジャケットです。

iPod touchのケース画像_04
IPod touchやiPhoneのケースで評判のケースです。
非常に薄いつくりのおかげでシリコンカバーに比べてiPod touch本体
の薄さを犠牲にしないケースです。
ただ、裏の滑り止めコーティングに手の汗がつきやすくベタベタするのが
気になりましたが最終的にはこれを使っています。

iPod touchのケース画像_06
バッファローコクヨサプライ製のシリコンケースです。

iPod touchのケース画像_01  
非常にいい質感で気に入ったのですが、白色がちょっと気に入らなかった
感じです。

iPod touchのケース画像_07
上記のシリコンケースと同じ物の黒版です。

iPod touchのケース画像_02  
気に入ると思ったんですが、透明度のある黒だったのでちょっと
イメージと違ってました。
あと、シリコンケースの端の厚みが邪魔になりFlick操作がちょっとやり
づらい印象を受けました。

iPod touchのケース画像_09
100円ショップで購入したAirジャケットっぽいケースです。

iPod touchのケース画像_05
ためしに買ってみたのですが、やはり滑り止めコーティング部分に
汗がつきやすくAirジャケットに比べて微妙に厚みを感じ違和感があり
ました。あと、Powerボタンがケースに埋まる形なので若干押しにく
かったです。

ケースを購入する時はiPod touchの世代を確認して
それに対応した物を買う必要があります。
(iPod関連は世代によって厚みや大きさが違うためです。)
iPodに関しての世代を確認するにはこちらのページが便利です。
ちなみに自分のiPod touchは第二世代です。


こちらのブログではAirジャケットの透明版の紹介をしています。
Air jacketのフィルムの貼り方とレビュー。

[関連記事]
理想のPDA iPod touch [Flick入力について]




    

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.